派遣会社が儲かる仕組みについて

派遣会社が儲かる仕組みについて

派遣会社は人材を紹介して利益が得られるからこそ仕事を提供しています。その設けの仕組みは実際に利用したことが無い人の場合知らないこともあるようですから、詳しく紹介しますので参考にしてみて下さい。
まず派遣会社は人材を企業に送り込み、年収の20%〜30%程度を紹介手数料としていただきます。ただ単に人材を紹介するだけでなくきちんと仕事ができているか管理したり、紹介企業とのやり取りをしたりもしています。年収が400間円なら80万円〜120万円が利益となるのですから良い儲けといえるでしょう。そのなかから経費などを引いた分が派遣会社の利益となります。たくさん人材を紹介したほうが儲けられ、更に時給が高い派遣先に人を出したほうが取り分が多くなります。大手企業などではかなりの人数を紹介していると考えられ、営業力の高い派遣会社ならどんどん仕事を獲得してきたりします。
この紹介料は人を紹介してもらう企業側としては高いと感じてしまいますが、実際には人を1人採用するために多くの経費がかかっており、派遣会社に支払う金額とそれ程変わりがなかったりします。一から人を採用しなくて済み、ある程度のスキルがある人材を求められるのですから手間が無いと考えるのでしょう。